FC2ブログ

Mindscape -心のかたち-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
知らない間に、YouTubeの動画を
簡単に貼り付けできるようになってたんですね~

ちょと試しに
ここんとこドライブ中によく聴いてる
CHARAの『やさしい気持ち』を貼ってみました



かなり昔の曲ですけどね~
スポンサーサイト
この間、メーカーの名前の由来がちょっと話題になりました。

Canon=Kannon【観音(様)】
Sony=Sonic【音】
オムロン=創業の地京都の御室(おむろ)
ブリジストン=石橋(創業者の名前?)
TDK=東京電子工業の略(そのまんまやw)

企業の名前の由来とか調べてみたら
結構おもしろいのあるかもね
きっと、最初に名前をつける時って、いろいろ思い入れとかもあるんだろうね。

それは多分、人の名前とかでも同じ
子供の名前とかって、親の想いがいろいろ詰まってつけられているんだろうし
苗字にしても、
最初にその名がつけられた時にはきっといろんな意味をもって名づけられてるんだろうと思う。
住んでた地名にちなんだりとか職業とか、
その人や家に何か因んでいたり、名づけた人の想いだったり・・・

シェイクスピア(直訳で揺れる槍)の家系は、槍持ちを生業にしてたからとか
アインシュタインは直訳すると一石だよね。
マイケルとかミッシェルは、天使ミカエルの英語とかフランス語読みだし。

そういえば、飛鳥と書いて「あすか」と読むのは
昔、明日香という地名があって
そこのことを、飛ぶ鳥の明日香と呼んでたからだとか。
同様に、日下(くさか)は
日の下(ひのもと)の草香と呼ばれる地名があったのが由来らしい。

真名とか言って、
本当の名前には、名前そのものに力があるって言うこともあるし
名前も奥が深いなぁって思ったりw
単に記号と思ってしまえば、どうってことのない名前も
由来や想いや、そんなことを考えて眺めてみると
なんか楽しくなってきますね(笑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。