FC2ブログ

Mindscape -心のかたち-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前の記事のコメントにあったので
今日は神話の話を少し・・・

世界中の神話って、起源とかはいろいろなんでしょうけど
見てると興味をそそられることも沢山ですよね

・神話=失われた歴史?
神話の起源って何なんだろう?
単なる想像の産物?それとも実際にあった出来事の曲解?
ヤマタノオロチ伝説は大山の噴火を見た人々が
その火砕流が押し寄せる様を、八本の頭の竜と見たのが起源って説があります
天の岩戸隠れは日蝕か火山の噴火によって長期間太陽が見えなくなったことが原因とか
天狗や鬼伝説は、漂流した欧米人を見た日本人が
その体の大きさや鼻の高さとか毛深さとか(笑)にびっくりして
そんな風に伝えたって説とか・・・

・自然への畏怖
神話の多くは、その地域に特徴のある自然に由来してるものが多いですよね
日本とかハワイとか火山の多い地域には火の神にまつわるものが多いし
エジプトやインドとか大河の近くには水にまつわる神様が多い
森や池とかには、そこに住む妖精や精霊とかが祀られてることも多いですしね
でも、それって人が生きていく上で大切なことなんじゃないかなって思います
そういう気持ちがあるから、自然やモノを大切にしようって気持ちも起きるわけだし
きっと昔の人たちは、自然がもっと身近にあって
今よりもっと、生活の中に神話とか精霊を取り込んでて共生してたんでしょうね

・共通神話
世界中には、同じ出来事を題材にした共通神話ってのがあるらしいです
例えば、大洪水による人類滅亡の危機
聖書の方舟伝説にあるような大規模な洪水の伝承が
実は世界中のあちこちの神話にも見られるとか。
それは実際に、世界規模の天災の事実があったからなんだって説です
そういえば昔、方舟があった跡っていう航空写真が話題になったこともありましたっけ・・・(汗)
他にも神話には必ずある国産み伝説とか
古事記のイザナミの冥府から帰還の失敗とかの神話も、ギリシャ神話のハデスとペルセポネの冥府に留まらないといけなくなった逸話とか
似たような話って多い気がします
それが実際にあった出来事をモチーフにしてるからなのか
それとも起源になる神話があって、民族の移動と共に形を変えただけなのか、その辺が謎なんですけどね

・神々の移動
ローマ神話とギリシャ神話が元は同じってのは分かるけど
他にも移動?してった神様は多いみたい
仏教神話の阿修羅王はインドではアスラって名前の神様で
ペルシャのゾロアスターではアフラマズダ、メソポタミアではアッシュル神
そういえば、大黒様って、インドのシバ神が日本に渡った姿らしい?
なんかイメージ全然変わっちゃってますよね(汗)


いろいろ思いを馳せてると
神話とか古代の歴史って面白い!
九州地方と畿内の地名相似の話とか
日本の活火山の名前に、ASU、ASAとかUSUって語韻を持ったのが多いとか
歴史学も奥が深いなって思います


まぁ、なんだかんだ言いつつ
そういう謎とか浪漫が好きってだけですけどね(笑)




スポンサーサイト

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%A9%B1
↑でも書かれてるけど、
”神話は、説話の一種で、事物の起源や意義を伝承的・象徴的に述べる物語”
まさに、その通りだと思いました(。゚ω゚)

私は、神も悪魔も存在しないと思います。
その時代時代の支配者が、民衆を押さえ込む・支配するために宗教を利用したのかな?
王は、民衆の代表で、神の使いであるとか・・・・・
宗教で、民衆の怒りを鎮圧するとか・・・・

でも、一番民衆を統率するのは、恐怖政治なのかもしれませんね。
逆らえない、従うのが当たり前と言う様にもって行く・・・・・

また、話が逸れていったよ。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

2007.11.05 16:01 URL | ミンク #d/CpiV46 [ 編集 ]

神も悪魔も目に見えないから人が信じるに値するんだと思います。
その存在を信じる・信じないは個人の自由であり…
それを強要されるのは嫌ですけど、その人たちが
それを信じることで幸せだと思えるのであれば、
やはりその人たちには神は存在しているわけで…
悪魔も同じことがいえると思います。

ただ、前にも書いたけど、不思議なことは不思議なこととして
神秘は神秘として、ロマンはロマンとして
全てを科学で解明するのではなく、そういう夢みたいなところ…
心の余裕として持っていたいなって思います(^-^)

2007.11.06 10:06 URL | みゅう #- [ 編集 ]

他を圧倒する力が神の力なのかもしれないですねー

私は控えめなので他を圧倒する力があれば(´;ェ;`)ウゥ・・・

2007.11.08 15:00 URL | まぐ #3v9IlUEY [ 編集 ]

>ミンクさんへ
実在するかどうかはともかく・・・
死を宣告された人が神を信じることで救われたりすることには
意味があると思ってます
自分自身、それに近い状況になった時
病室や病院の屋上で空を見ながら
世界の匂いを感じながら、命のことを想っていると
やはり人の力を超越した存在をそこかしこに感じて
少しだけ心が落ち着いていったような経験もあるし
自分の力だけではどうしようもなくなった時
そういう存在を信じることで
もう一度前に進む力を得ることってあると思いますよ

恐怖政治ね~
ある意味、今の北朝鮮とかもそうなのかな?
でもね
恐怖政治には納得できないけど
心理学の中に「自由からの逃走」ってのはありますよ
人間は、束縛されず自由でいたいと思う反面
束縛されることで、安心を得たいと思う心理が働くって面もあるみたい

>みゅうさんへ
ボクはパズルとか謎解きが好きですからね~(^^;
ついつい、謎解きしたくなっちゃうんですよね(笑)
でも解けたと思ったことも実は間違っていたり
一つの謎が解けたら、また新しい謎が出てきたり
世界は謎と不思議に満ち溢れてるから
ちょっとくらい科学が解明しても
浪漫はなくなったりしないんじゃないかな?

神話は読み物として読むとすごく面白いですよ(^^)

>まぐちゃへ
誰が控えめって・・・?
うーん、謎だ(爆)

2007.11.10 23:03 URL | お返事 #aKBB2rww [ 編集 ]

私( ゜Д゜)/ ダー!
控えめで有名(*´ェ`*)ポッ

2007.11.13 13:59 URL | まぐ #3v9IlUEY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://luka2007.blog117.fc2.com/tb.php/31-12775318


国産み国産み(くにうみ)。この記事では、日本神話において、大八島がどのように形成されたかを記す。----大八島とは、古代日本の律令政権の支配の範囲そのものであった。そのため、どのようにして、大八島が成立したのかということは、国家を運営する者たちにとって重大な

2007.11.08 07:21 | 神話の世界

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。